人生どん底男の後悔日誌

32歳で人生転落、様々な人々の力を借りて償いの人生を生きていく男の日記です。

見え方の違う道

f:id:yu-tarestartlife:20200913194137j:plain

 

こんばんは。

雨が続き、嫌な気候が続いております。

皆様、体調など崩されていませんか?

 

 

私は先週から続く連勤が終わり、ようやく一息つけそうです。

 

今回の連勤は人手不足+気温の急激な変化も相まって

正直きつかったです・・・

 

 

さて、現在私は施設や恩人に自身の想いを伝え

地元に帰るための準備を着々と進めております。

 

↓↓関連記事

www.yu-tarestarrlife.info

 

条件さえ選ばなければ・・・

仕事も賃貸も、候補はいくつか出てきているので

 

今月末からは応募や面接。

そして現地の下見と言った本格的な行動に移る予定です。

 

そう考えると・・・

 

ここでの生活も後、少しなんですよね。

 

本当に色々な事があった。

嫌な思いもいっぱいした・・・

決して良い生活環境とは言えなかった・・・

 

それでも、やはり・・・

今の場所を離れるのは、寂しいですね。

 

以前の記事で書きましたが

私の生活環境は山奥の中の山奥。

 

都会はおろか人里からもかけ離れた空間です。

 

自販機も自分が知る限りでは1台しかなく・・・

コンビニですらも近くに無い。

 

確かに不便ではありますが・・・

本当に景色が美しいんです。

 

その中でも好きな風景。

 

f:id:yu-tarestartlife:20200913191814j:plain

 

何の変哲もない森の中のこの風景。

通勤路の一部分なのですが。

 

とにかく木が生い茂り、カーブの先が見えなくなっています。

 

この風景なのですが・・・

 

先が見えなかった以前の自分と

目標を見定めた現在の自分では見え方が違います。

 

以前の自分にはこの道が。

「先の見えない・・・まるで自分の人生の様に嫌な道」

そう見ていましたが。

 

現在の自分はここを見る度に。

「見えない明日、自分の未来が待っている様な道」

 

本当にそう見えるようになりました。

 

折角写真を撮れるようになったので

 

「今日は皆様に少しでも自分の周囲をみせられたらな」

 

そう思い、この場所をチョイスし撮影。

そして写真を撮りながら・・・

 

変われば人間変わる物だな・・・

そうしみじみと感じました。

 

 

 いつまでこの景色を見ることになるかは正直分からない。

 

それでも・・・

 

ここまで自分は変わることが出来たのだから・・・

少しでも前へ踏み出すことが出来たのだから・・・

 

恐れる事は何もない。

先の見えない道だって、未来へ進めると思うことができる。

 

そんなポジティブな気分になれた一日でした。

さぁ・・・これからも頑張るぞ。

 

※(おまけ)ちなみに側面は両サイドこんな感じに気が生い茂っています。

※生い茂りすぎて先に何も見えません。

f:id:yu-tarestartlife:20200913193306j:plain