人生どん底男の後悔日誌

32歳で人生転落、様々な人々の力を借りて償いの人生を生きていく男の日記です。

父としての願いと思い

f:id:yu-tarestartlife:20200902200428j:plain

 

時が過ぎてしまうのは本当に「あっ」という間

 

気付けば9月に入ってしまい・・・

 

一年も残すところ後4か月になってしまいました。

 

私にとってこの一年は・・・

私の人生において。

 

悪い意味でも・・・

良い意味でも・・・

 

色濃く、そして印象深い一年になりそうです。

 

さて、ご存じの方もいるかと思いますが

私はTwitterというSNSを使用しています。

 

 

ブログの知識、SNSの知識共にほぼ0の私は

 

ここから情報を仕入れたり

ここでブログの更新を通知したりしています。

 

最近はブロググループなるものに参加させて頂き

日々そこのメンバーの方にアドバイスや知識を頂いています。

 

そんな中・・・

メンバーの方の一人の記事が私の心に・・・

 

お子さんへの願いと思いを込めた記事が

強く、強く胸に刺さりました。

 

(あだまさん、リンクの許可有難うございます)

 

↓↓該当生地↓↓

pe-blog.com

 

親として、子供に願う思い。

親ならば、誰もが願う思い。

 

この記事に感化されてしまったのでしょう。

 

自分も、自分も・・・

もし、普通に生きることが出来たなら・・・

 

願うことが出来たのかな?

願ってもよかったのかな?

 

今は願ってはいけない

許されない身分ではあるけれども・・・

 

分かっているのだけれども・・・

 

パパは君たちに・・・

 

・偉くなくても、お金持ちでなくてもいい。ただ優しい人間になって欲しい。

・人の心を感じ取ることが出来る人間になって欲しい。

・自分のやりたいことを諦めずにやりとげる、挑戦する人間になって欲しい。

・いつまでも、ママを大切に。ママを助けてあげられる強い子になって欲しい。

 

そう切に願います。

 

人の歴史や印象に残る偉い人になんかならなくたっていい。

君たちが産まれてくれたことがパパにとっては最大の偉業だよ。

 

お金なら、今は離れていたって・・・これから一生かけてでもパパが何とかしていく。

だからそんなものに捕らわれず、とにかく人に優しくできる子になってほしい。

 

挑戦することを怖がらないで。

好奇心を忘れないで「やりたいと思った事をやり遂げて」欲しい。

 

腕っぷし、身体の丈夫さなんて本当の強さではないよ。

君たちを必要としているママを守ってあげる事、傍にいてあげる事。

それが本当の強さなんだよ。

 

 

どん底男が・・・偉そうな事を思ってしまいました。

 

取り返しのつかないことをしても・・・

許されない状態へと逃げた自分でも・・・

 

子供達にかける願い・・・思いは本当に尽きません。

 

親バカとか、誇張な表現ではない。

本当に尽きることは無い。

 

一日の間で半分以上は・・・

子供の事を考えてしまいます。

 

もう半分は・・・妻の事でしょうね。

 

今は届かぬ、届けられぬ願いと思い。

でもこの先いつかは必ず・・・

 

直接伝え、届けに行く為にも

まずは自分のこの状況を変えなくては。

 

必ず・・・必ず戻って見せる!!

 

ありがとうね、二人とも。

パパは君たちのお陰でまだまだまだ頑張れそうだよ。

 

そしてこんな素敵な気持ちにさせてくれた記事を書いてくれた・・・

優しい気持ちにさせてくれたメンバーさんに感謝します。