人生どん底男の後悔日誌

32歳で人生転落、様々な人々の力を借りて償いの人生を生きていく男の日記です。

相手を思う心、相手を理解する心

f:id:yu-tarestartlife:20200813204353j:plain

 

皆様、こんばんは。

今日は私が現在の仕事(厨房での調理補助)を始めてから、一番暑い日でした・・・

 

 

頭はクラクラ。

常にお風呂に入っているような感覚すら覚えました。

 

さて本題。

 

私が今日出勤すると。

施設の入居者の一人が、私の挨拶よりも先に声をかけてきてくれました。

 

「おはよう、建物の中でも暑いな。熱中症大丈夫だったか?」

 

挨拶を交わし「元気です!」のアピールをすると

「ならよかった」と自室に帰っていきました。

 

自身の心配をしてわざわざ声をかけに来てくれる・・・

本当に嬉しい限りです。

 

でも、実はこの男性と・・・

私自身が施設で生活している間も含めて、最初は良い関係を築けていませんでした。

 

 

突然ですが私が働かせて貰っている施設は私と同じく正直「訳アリ」の方が多いです。

 

身寄りが無く生活保護で生活をしていたり。

お酒の依存症であったり。

自分でも把握できていない程の借金を抱えていたり。

 

人には言えない様な経緯を経て入所に至った等

本当に様々な方が生活をしています。

 

共通して言えるのは

 

「難しい性格の方が多い」

 

ということですね。

 

もちろんそんな方だけではありませんけど。

 

一人、例を挙げてみますと。

 

朝の「おはようございます」には無反応だったり。

配膳のお手伝いをお願いすると「俺は手伝いをするためにここにいるんじゃない!」

と怒られたり。

 

食事を「美味くねぇな」「合わない」と目の前で汁のお椀をひっくり返されたり。

※何を提供しても「美味しい」の一言は得られない。

 

 

そんな人がいました。

 

f:id:yu-tarestartlife:20200813203525j:plain

 

「どういうものが好きですか?」

「体調が悪いのですか?」

「何か気に障りました?」

 

色々と声掛けをしてみても・・・

「別に」「何もない」「知らんな」

 

本当に難しい・・・

正直最初はこの人にイライラしてしまうこともしばしば有りました。

 

実は例に挙げたこの男性、もうお気づきでしょうが・・・

記事の冒頭で私の身体を気遣ってくれた男性なんです。

 

苦悩の日々は続きます。

 

パートの人にアドバイスはないか聞いてみても

 

「あの人は昔から何言ってもやってもダメなの。」

「こっちが気を使っても変わらないから仕方ない」

 

・・・解決のための糸口は見つからず。

 

私自身も「ああいう人なのだろう」と一時期は諦めようとしていました。

自分はここまで相手を「思っているのに」ダメなんだからと・・・

 

普通の生活を送っていれば恐らくここで私は諦めていたでしょう。

しかし今の状況は特殊。

考える時間だけはいくらでもあります。

 

その日から私は、その人の言葉や行動の背後にある物。

そして、この人を「理解しよう」としました。

 

・挨拶が返ってこない=事務的な挨拶が嫌なのかな?軽く世間話でもしてみよう。

・なぜ食事を残すのか?=好みの味付けがあるのかな?聞いてみよう。

・下膳を嫌がるのは何故?=頼まれ方が嫌なのかな?言い方を変えてみよう。

・お椀をひっくり返された時不愛想にしたかも?=謝って辞めてくれるように頼もう。

 

色々な事を考え実践しました。

 

・「おはようございます!昨日雨が凄かったですけどここ大丈夫でした?」

・「あら?辛かったです?板長に伝えておきますよ、甘目が好みです?」

・「本当にごめんなさい。人手が足りなくて・・・少しだけ力を貸して貰えませんか?」

・「味付けダメでした?ごめんなさい!でも良ければシンクに流して欲しいです!」

 

最初こそ変化は無かったものの、変化は徐々にですが確実に表れていきました。

二か月も経つ頃には・・・

 

・挨拶には「おはよう。今日は暑いな。」等+αの会話が成立。

・食事は残す量が減り「まぁこれは食えるな。」「これなら合う。」との評価。

・下膳しながら「ごちそうさま。」の一言。

・お椀はひっくり返さず、汁を飲まなかった際にはそのまま残して返却。

 

その人との関係、そしてその人の行動は劇的な変化を遂げていました。

 

 f:id:yu-tarestartlife:20200813203942j:plain

 

それはもう驚く程に。

 

結局のところ。

 

人間同士、良好な関係を築いていくには

 

「相手を思う」という思いや行動だけではなく。

「相手を理解する」という思いや行動も併せて必要。

 

であると私は今の環境から学びました。

 

もしも私が普通の生活を送っていたら。

もしも一般社会で生きていたら。

 

苦手な相手、難しい相手との関係改善をここまで考えなかったかも知れません。

きっと「相手を思う」気持ちだけで人との付き合いをしていたかもしれません。

 

「思う」と「理解する」が合わされば・・・

自分の考え方を少し変えれば、苦手な相手との関係も変わっていく。

 

あくまで私の一例ですが。

 

人間関係で悩む機会が多いこの世の中。

もし苦しんでいる方がいたら、少しだけ相手の事を理解してみませんか?

 

きっと自分も楽になれると思います。